スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痒い痒い、その後。

昨日、ジーナさんが鼻っつらから出血しました。
以前からの膿皮症から掻き壊したようで、シーツやら絨毯に血跡が・・・
これはマズイ~、と病院へ。
ただ、いつもの病院ではなく皮膚専門医のいることで有名な病院まで行って参りました。


これまでの病歴等を事細かに話し(誤飲開腹手術まで)、1時間以上診察&お話して
いただいたのですが、どうやらアトピーの疑いが大の模様。
アトピーはいろんな要因が重なって起こることが多いのですが、ジーナさんの場合、
精神的な要因が大きいのではないか、との見立てデス。
精神的・・・・はあ・・・
相当な甘えっ子なので(病院での様子からバレました)、要は毎日の長時間の留守番のストレスもあるのではないか、と。
飼い主への依存心が高いというか、なんというか。
もっと愛情を欲しがっているのではないですか?というニュアンスでした。
でも、元々共働きゆえ留守番はどうしようもない。
いろいろな面からも飼い主側の生活を変えることは相当難しい・・・


でも・・・先生も私も気になったのは痒がるわりには体的な傷みが少ないこと。
今回のように掻き壊すことは度々あるが、まるまる一日掻いているにしては
皮膚はそれほどヒドイ状態にはなっていない。
湿疹もないし、腫れもない。
ということは・・・留守番の間は寝てる?
私たちが帰ってきたら掻いている?
もしかしたら掻くことで気を引こうとしてる?
・・・やっぱりそんなストーリーが出来上がりそうです。。。
留守中の様子を一度ビデオにでもとって掻いているかどうかチェックしてください、
と言われました。笑



あと、顎の下にひどいニキビがあり、それも痒みを誘っている様子。
手術後ということでステロイドは今は使えないので、とりあえずその
ニキビの撃退からはじめることになりました。
今後はジーナの体にとって必要最小限のステロイド剤の量を探し、ステロイドを
継続していく、ということになりそうです。
いろいろ選択肢はありますが何よりも痒みを抑えてあげたいし、精神的部分の要因が
大きいのであれば、その部分が安定していけばまた違った結果が得られるように
なるのではないか、と期待しています。
上手くいくといいんだけど。




しかし、てっきり甘やかしすぎかと思っていたら愛情が足りないですって。
・・・これ以上の愛情って・・・汗。
ジーナが満足するほどの愛情、私は与えることが出来るのでしょうか?
ちょっと自信が・・・
これ以上って具体的にどういうことなんだろう・・・
たぶん甘やかすのと、愛情を与えるのとは違うことなんだろうし、
む~・・・難しい。


っていうか、膿皮症じゃなかったのね・・・


スポンサーサイト
プロフィール

ゆーきち

Author:ゆーきち
埼玉県在住30代♀。
夫と犬と猫と暮らしてマス。

最近のコメント
カテゴリー
カレンダー
11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。